キタコ エンジン その5 ヘッド点検
今日は、キタコ:SEヘッドの点検です。

新品ヘッドですが、バルブのシートあたり(密着性)を点検します。


IN/Exh 擦り合わせ(軽く)後、
光明丹をつけてバルブのあたり面をチェックします。
あたり幅・高さ・傾き(斜めあたり)などを点検。
バッチリあたりが出ていると”キイィ~ン”と、何とも言えない”よい音”(^v^)
                                   響くんですよ~~(^v^)   

e0114857_2062185.jpg



幅・位置 OKです。

ここの点検・修正は、かなり重要ポイントです!
ピストン・ピストンリング・シリンダーなどを交換したとしても、
ここのあたりの良し・悪しで”台無し”(@_@;) なんてこともあります。


バルブとの密着性を上がると、より多くの圧縮圧力が確保でき、バルブの冷却性も向上します。
どんなに良いキャブレター・イグニッション・カム・ピストンにしようが、圧縮が漏れては本来の性能を発揮できません。
圧縮のイメージは、自転車などの”空気入れ” どこか漏れていると、ガンバッテいくら圧しても全然空気入りませんよね(^v^)

シリンダーヘッドが良い状態であると、本来のエンジンの調子が出るばかりでなく、燃費の向上、レスポンス向上、良いことだらけです。



e0114857_2121261.jpg
ポート加工も、してあります。
ドンドン進めて行きたいと思います。










   ↓↓↓↓↓ 船橋店 リニューアルオープンしました! 
                            クリックお願いします! ↓↓↓↓↓ 
  いつもありがとうございます。人気ブログランキングへ ←←←ポチッとお願いします。
by nozawakojo | 2010-06-29 21:44 | カスタム
<< パット交換 キャブレターO/H >>