TL125 その2
M岡です。

今日も暑さ全開です。

TL125 フロントフォークO/H していきます。
e0114857_125327.jpg片側は漏れていました。漏れの原因はこれでした。
インナーチューブにメッキがかかっていますが、その下から錆が浮いてきてしまっています。002.gif
本来は、交換や再メッキ処理をおススメ致しますが、今回は”磨きと取付け方法の工夫”で、何とか対処する事にします。

e0114857_12112341.jpg漏れの無いフォークも手でストロークさせると、何やら・・・水が出てきます013.gif









e0114857_12143011.jpg分解してみると、フォークシールがサビサビになっていました。008.gif
これはホコリや水の浸入を防ぐダストシールにヒビが入り、その隙間から雨水や洗車の水などが侵入して腐食させてしまった様です。
シールのリップ部分も錆で変形していましたので、動きが凄く悪くなっていました。


ノザワホンダは、
お盆期間中も休まず営業しています。
066.gif

040.gif皆様のクリックで!トップ10に入ってきました。 ありがとうございます。
  これからも、もっと上を目指して頑張ります。応援クリックお願いします!! 
          

人気ブログランキングへ
    レンタルバイクのお申し込み受付中!



e0114857_12345664.jpgフロントフォークを分解して、各パーツを洗浄しながら点検していきます。










e0114857_1236515.jpg 洗浄前です。












e0114857_12374290.jpg 洗浄後・見違えるほどに、キレイになりましたね。003.gif
各パーツの洗浄・点検を終えて、組み立てていきます。






e0114857_12465533.jpg組み立て完了後、フォークオイルを規定量入れてオイルのエアー抜きをします。
オイルの油面を安定させてから、メーカー規定の油面の高さに左右揃えます。

油面を安定させるまで少しおきますが、その間にタイヤ交換をしていきます。006.gif






e0114857_12564996.jpg

e0114857_12571497.jpg

フロントホイールのスポーク増し締め・振れとりも、ついでに作業しておきました。(サービスです)029.gif


e0114857_1365261.jpg
フロント廻り一式を規定トルクにて、組み付けいたしました。
とても、スムーズな動きになりましたよ001.gif

(今回はブレーキ廻りも作業済み)



次回は、アイドリング不調を点検していきます。








ノザワホンダは、
お盆期間中も休まず営業しています。
066.gif

040.gif皆様のクリックで!トップ10に入ってきました。 ありがとうございます。
  これからも、もっと上を目指して頑張ります。応援クリックお願いします!! 
          

人気ブログランキングへ
    レンタルバイクのお申し込み受付中!


by nozawakojo | 2010-08-04 08:33 | メンテナンス
<< PCX トルクカムその1 TL125 その1 >>