CB400SF Revo バッテリー上がり2
040.gif人気ブログランキング挑戦中!いつも応援クリック有難う御座います! 応援クリックお忘れでないですか? よろしければ、応援クリックにご協力お願いします!
 ↓↓↓↓ クリックよろしくお願いします ↓↓↓↓

人気ブログランキングへ
    


M岡です!

先日アップしましたバッテリー上がり・充電系不調の”CB400SF Revo”続きです。

e0114857_19445785.jpg車両お預かり後、早速クラッチカバーを外してコイルを目視点検してみます。
あっ!
ココですね!
コイルが焦げてます。007.gif
アップすると・・・


焦げてます
008.gif

e0114857_19482163.jpg
ステーターは、銅線を規則的に巻いた上に皮膜を塗っています。
これは、直接銅線が通電しないように塗っているのですが、その皮膜が焦げています。
当然そこが抵抗になり、しっかりと交流発電(電気を作る)出来なくなります。



e0114857_19561476.jpg
この様になる原因の一つとして、エンジンオイルの劣化があります。
エンジンオイルの役割の一つに”冷却”があり、その性能が低下しきってしまうと危険です。008.gif

交換後、再度発生電圧(交流)のテストです。
3か所点検! 無事に全て同じ数値で上がってきました。001.gif
数値も高く、調子良いです!066.gif




e0114857_2014490.jpg
そして、最後にバッテリーにて充電圧の点検です。
アイドリングで、この数値でしたら”OK”ですね!003.gif
無事に、お引き渡しとなりました。


今回は、走行距離がかなり走っている車両でしたのでコイルの寿命も考えられます。
が、エンジンオイルも暫く変えていなかった様子・・・
エンジンオイル交換の重要性を再度考えさせられる修理内容となりました。





040.gif人気ブログランキング挑戦中!いつも応援クリック有難う御座います! 応援クリックお忘れでないですか? よろしければ応援クリックにご協力お願いします。

 ↓↓↓↓ クリックよろしくお願いします ↓↓↓↓

人気ブログランキングへ
    



レンタルバイクのお申し込み受付中!
by nozawakojo | 2011-01-28 14:24 | メンテナンス
<< パイロットロード3 パンク修理! >>