CBR600RR エンジンO/H!!
早山です!

CBRの部品がそろい始めたのでメンテナンスを開始しました。

すべて揃ったわけではありませんがNSRの中古車は一旦ストップします。

e0114857_1985159.jpg

不二WPCから沢山の施工済みの部品が届きました。

スポーツ走行をされている車両ですのでWPCとDLCで決めていきます。

シリンダーもあれだけダメージがありましたがWPCで修正してもらい完璧~

e0114857_19122290.jpg

本当にWPCはすごいですね!

この場合クランクケース交換したら・・・・・

物凄いお金が掛かってしまいます。

NSRだとDLCを使えるところは限られてしまいますが4サイクルだと沢山あって気分が良いです~

クランクシャフトやリフターにも3Dラッピングを施工してもらい完成が楽しみです。

これで部品の摩耗を最小限に抑える事ができます。

CBRは高回転仕様ですので摩擦抵抗が多くなりますから油膜を切らさない事やフリクションの低減を心掛けてあげる事が大切になります。

WPCやDLC、3Dラッピングをうまく利用すれば、エンジンの寿命を大きく伸ばすことが可能なんです。

とくにレースには出ないけれどサーキット走行を楽しまれているお客様にはとても有効だと思います。(レースはレギュレーションを良く確認してください。)

その前にメタル合わせがあります。

e0114857_19284317.jpg


e0114857_19174056.jpg


ちょっと解りずらいですがコンロッド大端のメタルが剥離しています。

ここはハイパーモリショットで耐久性を向上させます。

4サイクルエンジンではクランクメタル(ベアリング)をどこに範囲に合わせるかが大切になります。

メカニックのノウハウがある訳ですね~

サクサクと測定をしてメタルを決めていきます。

当然、サービスマニュアルの嵌合通りにはいきませんでした。(>_<)

何せ0.001mmの一発勝負の測定ですのでいつも緊張です。

これでメタルが決まりましたので不二WPCへメタルを送りました。

e0114857_19311037.jpg


施工後のクランクシャフトです。

美しい~

またアップします!!

 いつも応援クリック有難う御座います! 1クリックにご協力お願いします。
 ↓↓↓↓ 1クリックよろしくお願いします ↓↓↓↓

人気ブログランキングへ


ハーレーダビットソンのインジェクションセッティング
始めました040.gif
詳しくはノザワワークスのHPへ
by nozawakojo | 2015-02-14 09:32 | CBR600RR
<< CB750 RC42 リヤ... カブをディスクに。 >>