点検事例 フュージョン編
こんにちは、山岡です027.gif

当店では、安心してオートバイに乗っていただくために「定期点検」をお勧めしています!
乗りっ放しの状態では整備不良が原因で、故障や事故に繋がってしまう恐れも。。それらを未然に防ぐのが点検整備です!

今日は点検で見つかった事例の一部を紹介いたします!

e0114857_11294692.jpg


タイヤの点検です。溝が無い状態です!
スリップやバーストなど転倒事故に繋がる恐れがあります。
乗れば乗るほど、溝は減っていきますので、安全のためにも交換しましょう!
空気圧の不足や過多も偏摩耗や走行不安定に繋がります。

e0114857_11301590.jpg


ブレーキの点検です。
甲高い異音&ディスクの削れがすごくて表面はザラザラしています。
パッドの摩耗が限度を超えて、金属プレートが接触してディスクを攻撃している状態です。
これではパッドを変えても当たりにムラが生じて、制動力が得られず非常に危険です。
この場合、安全の為パッドだけでは無く、ディスクも交換しましょう!

e0114857_11304010.jpg


ブレーキマスターの点検です。
ブーツに破れがあります。この破れから内部に水が入りサビてしまうと、ブレーキレバーの動きが非常に悪くなります。
この場合、ブーツの交換をしましょう!

e0114857_11312457.jpg
e0114857_11311673.jpg


エアクリーナー&プラグの点検です。エンジンの調子に関わる部分です。
エアクリーナーはエンジンに取り入れる空気を吸うところで、ホコリでまみれてしまっています。
これでは、呼吸が出来なくなりますので交換しましょう!
プラグは電極の消耗が進んで、角が無くなっています。これでは火花がうまく飛びませんので交換しましょう!

e0114857_11354681.jpg


ドライブベルトの点検です。
全周に渡ってヒビ割れてきています。万が一ベルトが切れてしまうと走れなくなります。
切れる前に発見できて、ギリギリセーフです!

e0114857_11314989.jpg


エンジンオイルの漏れが無いかの点検です。
写真のように黒く変色しているところは、オイルがにじんでいる箇所です。
道路上にオイルを撒いてしまったり、エンジン故障の原因に繋がる恐れがあります!
オイルにじみの修理が必要です。

点検で分かった愛車の状態をもとに整備をして行く事で、オートバイの本来の性能に戻してあげられます。お客様の安全のためにも「定期点検」ぜひ受けてくださいね。
by nozawakojo | 2016-12-13 13:06 | メンテナンス
<< MC18 リード125BIGローターキャ... >>