Dioのメンテナンス
1/7からノザワホンダの2017年がスタートしました。

ありがたい事にお客様の差し入れをたくさん頂戴しています。
e0114857_15544330.jpg


差し入れはみんなでほとんど完食いたしました。
御馳走様でした040.gif




      と
 
       
          い

              う


                  わ
 

                      け
    
        
                          で



 
  
                          大 介 です071.gif
            
 
本日は
”Dioのメンテナンス”

の話題で。

船橋にお住まいのお客様より、
Dio(AF68)のメンテナンスのご依頼をいただきました。

距離は2万キロ越えです。
そろそろやばいかなとお客様が
持ち込まれたのですが・・・、

まずは、エアクリーナを見てみると真っ黒ですね。
e0114857_160516.jpg

エアクリーナ (上:新品)

次にドライブベルトは、全周にひびが見られもう何時切れても
おかしくなような状態です。
e0114857_1602418.jpg


プーリーのフェイスも新品であれば段付きは見られませんが、
e0114857_1625994.jpg

(左:新品)

お客様のパーツはかなり段付きが見られます。
e0114857_162171.jpg


クラッチ側のムーバブルドリブンフェイスの溝も
新品ならなだらかですが
e0114857_1613224.jpg

お客様のパーツは一部分だけ削れて鋭角になっています。
e0114857_1611062.jpg


やはり、定期的な点検とある程度の距離を走られたら
メンテナンスが必要ですね。

駆動系パーツを交換させていただき、お客様的には不安がなくなり
すっきりしてお帰りになりました。

自分の愛車、実は何もしていないと不安になったお客様
是非、点検に持っていかれてはどうでしょうか。
壊れる前に直したほうが安くすみますよ。
by nozawakojo | 2017-01-12 21:32 | メンテナンス
<< ブレーキケーブル損傷 ブレーキパッド交換 >>