ブレーキケーブル損傷
こんにちは、山岡です027.gif

フロントブレーキケーブル交換でスーパーカブが入庫しました!
ブレーキを握ってみるとやや渋い感じがします。

e0114857_2162089.jpg


ご購入いただいて僅か3年で、50,000キロ乗られてます!

e0114857_2164459.jpg


いざ見てみますと、ケーブルの中間で、被膜がパックリ開いています!
ハンドルを切るとケーブルは若干動きますので、目の前のケーブルクランプに接触して擦れてしまったようです。

e0114857_2165575.jpg


このまま放置していたらケーブルが切れてしまう恐れがあります!
ブレーキの作動が渋いのも、損傷部から水分が中に混入して錆びて固着気味になったと思われます。

ケーブル交換で、ブレーキの動きが元に戻りました!
by nozawakojo | 2017-01-13 09:37 | メンテナンス
<< キャブレター修理 Dioのメンテナンス >>