フュージョン 故障診断
こんにちは、山岡です027.gif

エンジン不動のフュージョンをお預かりしています!
道路上で立ち往生になってしまい今回は引き上げてきました。
e0114857_1981315.jpg

e0114857_199157.jpg

走行中にいきなりエンジンストールしてしまったようです・・・
どこが悪いんでしょうか??
エンジンが掛かる気配が全くありません・・・

さっそくエンジンの「圧縮圧力」の点検をしてみましたが、まったく無い状態でした。
e0114857_1994361.jpg

圧縮が無く、シリンダーの密閉性が無いと燃料を吸い込む負圧も生まれませんので、必然とエンジンは掛かりません。

こうなってしまった原因は・・・??
エンジンオイルの量が空っぽだったためです(><)
e0114857_1993315.jpg

オイルが無くなってしまい、潤滑されなくなったためピストン・シリンダーが損傷し圧縮が漏れてしまったと考えられます。

オイル管理は非常に重要です!乗りっ放しは良くないのです・・・

点検・整備を受けていれば、壊れる前に予防できたハズでした(><)
壊れてからでは費用もかさみますし、何しろ出先で故障すると場合によっては大変危険です。

ぜひ知っておいてください!!
by nozawakojo | 2017-02-10 09:46 | メンテナンス
<< AX-1 点検! CB400SF Revo 車検整備 >>