NSR250 PGMについて!
早山です~

今日はPGMに付いて書きたいと思います。
e0114857_10411447.jpg

この写真、お客様でRCバルブの修理をされて一瞬動いたけど・・・・
また動かなくなってしまったとの事でした。
何故かこのやり方をしてあるPGMの再修理が大変多いです!
素子を取りは外してチェックしてみると素子が壊れています。
原因をさがしてみるとはんだが根元でショートしてました。
反対側の素子は付いているようで付いていない???
しかも素子がなくなっている所もありました。
PGMは基板が焼けていなければ治せます。
修理の仕方次第では折角のPGMが全損してしまいます。
素子のはんだ付けは長く熱を入れる事は厳禁なんです!
それなりの道具も必要になります。
垂れてしまったはんだを丁寧に取り除きテスターを使ってショートしていないかをチェック
一からやり直して修理が完了です。
e0114857_10504244.jpg

テスターに掛けて動作確認取れました^
直って良かったです!

またアップします。
by nozawakojo | 2017-04-12 11:09 | NSR250
<< FORZA(MF10) 駆動系 FORZA(MF10)点検整備 >>