2017年 09月 09日 ( 1 )
パワコマ キャリブレーション
こんにちは。
M岡です。004.gif

いつも、ノザワホンダのブログをご覧いただきありがとうございます。!(^^)!

パワコマ キャリブレーション

ギヤポジション調整は、コチラ


スロットルポジション調整
パワーコマンダーⅤを車体に取り付け後、まず最初に行う調整作業です。
車体のスロットル開度とパワーコマンダーソフトを連動させます。
車種専用品ではありますが、車体の個体差もありズレている場合もあるので、必ず調整しなければいけません。
ここがうまく調整されていないと、全てが台無し~になってしまいます。008.gif

0% 位置調整
スロットル操作しない(開度0)状態を入力します。
「リセット」→「OK」 で完了。
e0114857_8474313.jpg



100% 位置調整
スロットルを全開にして100%ポジションを入力。
e0114857_8475936.jpg


これで、キャリブレート(調整)が完了です。006.gif
回転数/スロットル開度 毎に燃料の増減指示が正確に車体と連動できるようになります。



しかし、ここで注意!
最近の車種に多く搭載されるようになりました、
「スロットルバイワイヤー」方式の車体は調整に注意が必要です!
ドライバビリティーの向上を目的に、車体のコンピューターが電気信号で、スロットル開度の開閉を行う仕組みなんです。
ライダーが全開にしたとしても、車体のコンピューターが全開指示を出さない領域もあるのです。
下の画像、黄色斜線部分がコンピューター制御されている範囲の一例です。
e0114857_8481334.jpg



でも、こういった場合でも、シャシーダイナの機能を駆使してシッカリと100%位置の調整を行います! 006.gif


ご自分で調整する場合は、走行しながら・・・
とても危険を伴います。008.gif





インジェクションセッティングにご興味のある方、まずはお気軽お問合せ下さい。
お電話・メールお待ちしています!
ご質問等ありましたら「お問い合わせフォーム」こちらからお願いします。


お気軽にご相談ください。

by nozawakojo | 2017-09-09 10:19 | シャーシダイナモ