NSR250 点火不良!!
早山です~

先日からハマっているMC21です。

e0114857_1028345.jpg


このお客様とは大変長いお付き合いさせて頂いています。

かれこれ10年は超えていますね~

その間、私がしっかりメンテナンスさせて頂いていましたが・・・・

ついに高難度修理になってしまいました。

アイドリングが不安定でレーシングをするとバックファイヤー連発です。

痛い!痛い!痛すぎる~

当然基本的なチェックを行っても問題なし・・・・

頭の片隅にはありますがまさかのPGM???

このパターンは嫌ですよ。

診断機にセットしてチェックしたらお見事NGですよ~

PGMもかなり熱くなるし、これはやばいやつだ!!

早速PGMを分解してみるとアウト!!

お恥ずかしい話、ここまでチェックしないとPGMとは断定できませんでした。

問題は部品です。

今は手に入らなくなった部品で互換性がある物を探しています。

同じ物はありませんが小型化され性能が上がっている素子があるのでこちらを使って見ることにします。

U様これで直れば良いのですが???

e0114857_1033456.jpg


結構、熱が入っていたのでパターンが剥がれていなければセーフですが・・・

いつもいつも事ですがU様お時間を下さい。emoticon-0139-bow.gif

一通り基盤をチェックします。

またアップします。
# by nozawakojo | 2017-01-17 10:36 | NSR250
PCX フロントフォークO/H
こんにちは、山岡ですemoticon-0126-nerd.gif

PCX150のフロントフォークオーバーホールをやっています!
オイルでドロドロの部品を洗浄していきます。
e0114857_16332395.jpg

e0114857_16333732.jpg

e0114857_16335066.jpg


洗浄した後は部品の点検をして、バリが立っていたら落としてあげます。
インナーチューブは振れと曲がりの点検を必ず行います。

e0114857_16341732.jpg


計測してみて今回は問題ありませんでしたが、使用限度を超えていた場合は再使用せず交換します。

e0114857_16343194.jpg

e0114857_1635147.jpg


洗浄した部品を脱脂して組み付けていきます。
ビニールで保護して、オイルシールのリップを傷つけないように注意して打ち込んでいきます。

e0114857_16353446.jpg

e0114857_16354653.jpg


注入したフォークオイルのエア抜きをして、注射器で油面調整です。
油面調整をすることで、フォークの中で密閉される空気の量を調整してあげます。(空気の圧縮を用いてバネの役割をしてくれます。)

e0114857_16363937.jpg

e0114857_1636515.jpg


フォークスプリングを入れる際は、向きに注意しておきます。
最後にトップキャップを取り付けて(PCXはココが大変です!)完成です!動きが非常に良くなりました!

フロントフォークのオーバーホールをしてあげる事で、快適な乗り心地が手に入ります!
点検と同時に作業したので、工賃を抑えることが出来ました。
# by nozawakojo | 2017-01-17 09:42 | メンテナンス
VFR1200Fにバイクザシートインサイド
昨日は、最強寒波が来ているとのことで千葉も
相当寒かったのですが、たくさんのご来店有り難うございましたemoticon-0139-bow.gif

ちなみに本日は、第3日曜日なので
ノザワホンダはお休みなのですがパソコンの入替で出勤しています。

先週もバイクザシートインサイドの注文をいただいています。
今月はホンダよりも他メーカーの方が元気ですね。
(写真は、ヤマハ トリシティ125 と 
     カワサキ Z1000 です。)
e0114857_20113943.jpg


ちなみに、マジェスティSのシートも試しに来店された女性も
いらっしゃいました。船橋にお住まいの方なので、本日は帰られましたが・・・。

今年も”バイクザシートインサイド” 好調です。
ご注文お待ちしておりますemoticon-0139-bow.gif






      と
 
       
          い

              う


                  わ
 

                      け
    
        
                          で



 
  
                          大 介 ですemoticon-0170-ninja.gif
            
 
本日は
”VFR1200Fに
バイクザシートインサイド”

の話題で。

販売終了となってしまったVFR1200Fですが、
バイクザシートインサイドの注文は
相変わらず好調です。

ブログをご覧になったとの事で
千葉の袖ヶ浦からご来店です。

注文内容は

 
 バイクザシートインサイドを埋め込み
 フラット3センチアンコ増し  
 
 表皮は張り替え
 全面 ノンスリップ 黒
 つなぎ グレーWステッチ
 

でいただきました。

前回もお話ししていますがVFR1200Fのシートは
「モノコック式」という作り方で
BMWなどの外車にされている製法で
表皮とアンコがのり付けされています。
なので、表皮が突っ張った感じで
「モノコック式」は座り心地は硬く感じるのが特徴です。
(これは私の感想です)

表皮を剥がすとアンコが剥がれてしまうので
ノーマル表皮の再利用は基本的には出来ません。

それでアンコが、デコボコになるので整えるのも
難しいみたいです。

元のシートはこちら。
e0114857_20223727.jpg

出来上がりはこちらです。角を取っているので
ノーマルシートに比べると柔らかく見えますか。
e0114857_20243147.jpg

ノンスリップ生地を使用して前に滑るのを防ぎます。
e0114857_20245261.jpg

つなぎのグレーステッチは今年も人気のカラーです。
e0114857_2025488.jpg

今回はアンコを増して、
更にバイクザシートを埋めていますので、座り心地はかなり向上です。
e0114857_20251442.jpg


I様ご利用有り難うございましたemoticon-0139-bow.gif


現在、バイクザシートインサイド加工はいろいろなバイクに大好評です。
腰痛持ちや、長時間のデスクワークなどでお疲れのお客様
もし、お近くならノザワホンダまで遊びに来て下さい。
実際にお座りになると体感できると思います。

バイクザシートインサイド施行価格は、
¥21,600~ になります。(表皮再利用)
(1ヶ所分の価格、タンデムについては別途割増です。)
シートのサイズによって価格は変更されます。
(ビッグスクーターなどのシートはサイズが大きくなるため割高になります。)

アルカンターラ仕様 のバイクザシートインサイドは、
¥32,400~ になります。( 表皮張り替え + バイクザシート埋め込み + (多少の内股削り足つき向上加工) OR (アンコ増し)はサービス) )
※アルカンターラの表皮面積やデザインによって
 金額が変わります。ご相談下さい。


VFR1200Fのシート
バイクザシートインサイドは、
表皮も代える必要があるため
¥36,720~ になります。
( 表皮張り替え + バイクザシート埋め込み + (多少の内股削り足つき向上加工) OR (アンコ増し)はサービス) )

他のバイクでバイクザシートインサイドにご興味のある方は
こちらもクリックください。

ご質問等ありましたらこちらからお願いします。
ご注文お待ちしていますemoticon-0139-bow.gif
# by nozawakojo | 2017-01-15 15:10 | バイクザシート
New 車検ステッカー
こんにちは。
M岡です。emoticon-0103-cool.gif


e0114857_18253879.jpg

平成29年1月から車検ステッカーが新しくなりました。
今までのものより大きくなっています。
(取付けボルトとギリギリ)
車検満了年が、ステッカーの四隅を時計回りに表示されるようです。
  平成32年:左下 平成33年:左上 平成34年:右上
こんな感じで、1年毎に年の数字がくるくる移動するみたい!emoticon-0104-surprised.gif
お巡りさんの視認性を向上させる観点から、
デザイン変更となったようですね~
# by nozawakojo | 2017-01-14 18:41 | メンテナンス
CB400SF 車検整備
こんにちは。
M岡です。emoticon-0103-cool.gif


CB400SF Revo
車検整備でご入庫。 S様いつもありがとうございます!
e0114857_17492144.jpg

この車両、テール2本出しの拘りマフラーが装着されています。emoticon-0104-surprised.gif
e0114857_17521250.jpg




e0114857_1753740.jpg

ノザワホンダでは良く見る整備スタイルです!
前後ホイールベアリングとブレーキ廻りを同時に点検していきます。
e0114857_1753246.jpg

24カ月定期点検(車検整備)では、ホイールを車体から外して、直に指で触れて点検いたします。
ゴリツキ、ガタは触れて確認するのが一番です。emoticon-0133-wait.gif
ホイールを揺すってガタを感じる場合は、末期です。



ブレーキキャリパー清掃・点検
ブレーキダストで汚れきったキャリパーを丁寧に洗浄。
ピストンの動きも点検、キャリパーシールへ保湿し組み込みます。
e0114857_17534162.jpg

e0114857_17582414.jpg



消耗部品は点検整備の際に交換作業をすると、費用が通常よりもお割引される箇所が沢山ありますよ!
安心・お得な定期点検をお勧めいたします。emoticon-0100-smile.gif
# by nozawakojo | 2017-01-14 18:35 | メンテナンス