新型GROMもバイクザシートハイシート
こんばんは。大介です。040.gif
GROMの新型発売されました。
e0114857_20172565.jpg


と言ってもホイールとキャリパーが黒だったのが金になったり
エンジン右側面のカバーがゴールドのカラーになったり、
e0114857_20184175.jpg


リヤサスが赤になったり
e0114857_20205048.jpg


今年の排ガス規制をクリアしていたり
車両の金額が¥5,400-上がっていたり

ちょちょこ変わってました。
型式も
JC61からJC75になりました。

でもですよ・・・、シートの形は変わってないんです(笑)
ということは、シートは変わらず硬いんです。
なので、バイクザシートインサイドの出番です。
ハイシート仕様付けてみました。
ハイシート仕様って何かと思った方は
前のブログでご確認ください。



これで、後ろ目にも座れます。
e0114857_20253244.jpg

角を落としているので、痛みも軽減です。
e0114857_20261547.jpg

赤のWステッチも大人気です。
e0114857_20254957.jpg

もちろん座り心地はいいですよ。
e0114857_20422342.jpg


GROMのバイクザシートインサイドのハイシート仕様は
お店にサンプルありますので体感も可能です。
近々、遠方への貸し出し用も作成いたします。
(往復の運賃だけご負担いただければ貸し出しいたします。)

なお、
GROM
バイクザシートインサイドは、
¥22,680~ になります。(ノーマル表皮を再利用した場合)
( バイクザシート埋め込み + (多少の内股削り足つき向上加工はサービス) )

表皮も代えて
バイクザシートインサイドされた場合は
¥33,480~ になります。
( 表皮張り替え + バイクザシート埋め込み + (多少の内股削り足つき向上加工) OR (アンコ増し)はサービス) )

タンデム面にもバイクザシートを追加する場合は
+5,400~
でやらせていただきます。

ちなみに、今回のようなフルフラットのシート加工は、
¥36,720~になります。

タンデムベルトを作成する場合は
+1,080~
でやらせていただきます。


他のバイクでバイクザシートインサイドにご興味のある方は
こちらもクリックください。

ご質問等ありましたらこちらからお願いします。
ご注文お待ちしています040.gif
# by nozawakojo | 2017-07-27 20:48 | GROM
RC30 エンジン割り
どーも、五十嵐です。



梅雨が明けたら雨が降る。
連日暑かったせいで昨日今日が寒く感じます。
通勤も一枚羽織りたくなりました119.png



e0114857_09462002.jpg
キャブやらヘッドやらが無くなりすっき入りしたRC30エンジン。
カムギヤトレインを取るとホントにスッキリです。
エンジン降ろします。

e0114857_09490114.jpg
チェーンブロックを使って慎重に着陸。
シリンダー覗くと・・・

e0114857_09571873.jpg
4番シリンダー壁面に錆が!!
結構深そうな錆です145.png

e0114857_10011608.jpg
ケースを割ってミッション、ピストンコンロッド、クランク取り出し。
e0114857_10051186.jpg
e0114857_10065762.jpg

ここから細部のチェックと各部測定に入ります。
つづく。























# by nozawakojo | 2017-07-27 10:09 | RC30
CB400SF リヤサスオーバーホール
こんにちは。
M岡です。004.gif


CB400SF リヤサスオーバーホール

ホンダ純正サスのオイル漏れオーバーホールのお問い合わせ・作業を数多くいただいています。
ありがとうございます! (^o^)/
まずは、車種・年式・グレード等をお伝えください、ご対応可能かお返事させていただきます。



e0114857_8481497.jpg

CB400SF : Y様からのご依頼
以前オーバーホールのご依頼・作業をいたしました。
今回はオーバーホール後、「2年」使用されたので、定期メンテナンス(オーバーホール)させていただきます!
e0114857_8483186.jpg

各パーツを洗浄して、内部パーツの劣化・消耗具合を点検です。
ガス圧は若干低下していましたが、インナーロッド他も異常は無く、今回は消耗品交換でのご対応。
やはり定期メンテナンスされているサスペンションは、大きなトラブルや出費が少ないですね!!


このサス、インナーロッドが黒なっています!
前回のオーバーホール時に、「DLCコーティング」を施してあるからです。
フリクションの低減と耐腐食性(錆)を狙い、追加作業済みなんです!
実際、「細かいギャップを感じなくなった」と、うれしいコメントをいただいています。 (^^♪
インナーロッドの摺動面もキレイな状態を保っていました、効果あり!


e0114857_8484165.jpg

しかーし!
やはりサスオイルは、劣化していますね。

丁寧に組み上げて、いきます!
e0114857_849362.jpg


リフレッシュ完了。
溜まった汚れが綺麗になり、サスペンションの反圧も戻りました!
これでまた、楽しんでいただけます。
e0114857_849345.jpg




サスペンションオーバーホールメンテナンスのお問い合わせは、お気軽に。
お待ちしております。



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

インジェクションのセッティングにご興味のある方や、
パワーコマンダーを取り付けたがNoセッティングの方、自分でやってみたけど調子がイマイチでお悩みの方など、
まずはお気軽にお問い合わせください!
# by nozawakojo | 2017-07-27 10:00 | サスペンション
純正サス オーバーホール
こんにちは。
M岡です。004.gif

  
ホンダ車純正サスのメンテナンス

純正サスペンションのメンテナンスご依頼承っております!
CB400シリーズ・CB750・CB1300、ショーワ製の2本サスオイル漏れ修理等のご相談を多くいただいております。
ありがとうございます。


オイル漏れのトラブル等が無いと、普段目の行き届かないサスペンション。
しかも、劣化具合等は体感では中々感じにくいですよね~。
しかし、内部のオイルは確実に劣化していますよ。
エンジンオイルは定期交換されていますが、サスペンションオイルは・・・
e0114857_827370.jpg

メンテナンス後は、確実に違いを体感して頂けると思います! !(^^)!
リヤサスオーバーホールは、お勧めメンテナンスの一つです!!


純正リヤサスオーバーホール
CB400SF:定期メンテナンス
e0114857_8163022.jpg

CB750:オイル漏れ修理
e0114857_8141163.jpg

分解して、オイル漏れの原因を探ります。
e0114857_8144559.jpg

今回のオイル漏れの原因は、インナーロッドに錆が発生した事により、内部オイルシールを損傷させてしまっていました。
ロッドの錆を何とかしなければ、再度漏れてきます。
しかし、純正リヤサスの内部部品設定はありません・・・
でも、ご安心ください!

ロッドの錆は、「再メッキ処理」を施すことで再生可能になります。 
日本の技術力って、すごいですね~~ (^^♪

綺麗にロッドを再生すればオーバーホール完成です。
これでまた、使用していただくことが出来ます。
e0114857_8174798.jpg



リフレッシュされたリヤサスをご堪能下さい!



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

インジェクションのセッティングにご興味のある方や、
パワーコマンダーを取り付けたがNoセッティングの方、自分でやってみたけど調子がイマイチでお悩みの方など、
まずはお気軽にお問い合わせください!
# by nozawakojo | 2017-07-26 10:38
CBR1000RR(SC57) セッティング④
こんにちは。
M岡です。004.gif



マフラー交換などで崩れてしまった燃料バランスを整えるべく、インジェクションセッティングを行いましょう!
バランスが崩れると、エンジンに悪影響が出るだけではなく、何よりも乗り難さとして現れます。
調整後は、スロットル操作に対して、車体が素直に反応してくれますよ。 (^^♪



CBR1000RR(SC57)
パワーコマンダーⅤ インジェクションセッティング
以前の記事
CBR1000RR(SC57) セッティング①は、こちらをクリック
CBR1000RR(SC57) セッティング②は、こちらをクリック
CBR1000RR(SC57) セッティング③は、こちらをクリック



e0114857_82172.jpg


前回のスロットル100%では、「かなり濃い」状態でした。
他のスロットル開度も、ほぼ濃い状態なのが確認できました。
燃費も、あまり良くなかったのでは?



スロットル開度60%
:調整前  :調整後


下段、空燃比グラフ。
調整前は低回転~高回転まで、濃い範囲(ターゲットラインの下)をナミナミしながら、走っているのが分かります。
標高の高い場所を走ると、気圧・空気密度の変化で、もっと濃いバランスへ向かいます。
インジェクション車とはいえ、そのズレは生じます。
安心して乗っていただくためにも、調整が必要です!
e0114857_7584862.png


グラフの軸を「回転数」から「時間」へ変更して、
加速の変化を確かめます。
下段グラフを「空燃比」から「速度」に変更。
計測開始10秒後に207km/hだったのが、214km/hまでアップ。
上段のパワーカーブも、谷が緩やかになっているのが確認できました! (^o^)/
e0114857_759062.png



スロットル開度10%

*町中走行時や、グッとアクセルを開く際等とにかく良く使う範囲ですね。


青ライン(調整前)は、大きな波になっています。
ギクシャク感・ドン付き感(車体挙動の不安定)に繋がります。
シッカリ整えることにより、車体が安定してスムーズなライディングが可能になります!
e0114857_759135.png

グラフ軸を変更して加速の確認。
空燃比バランスを整えると、スロットル一定走行でも加速(スピード)に違いが出てきます。
e0114857_7592338.png



作業完了後の試運転では、明らかにスロットル操作に対しての「応答性」の良さを感じることが出来ました!
シャープに加速すようになりましたね~。
乗りやすくなったCBR1000RRで、峠ライディングをお楽しみください! !(^^)!




ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

インジェクションのセッティングにご興味のある方や、
パワーコマンダーを取り付けたがNoセッティングの方、自分でやってみたけど調子がイマイチでお悩みの方など、
まずはお気軽にお問い合わせください!
# by nozawakojo | 2017-07-25 10:04 | シャーシダイナモ