カテゴリ:メンテナンス( 558 )
CB750 車検整備
こんにちは。
M岡です。004.gif

いつも、ノザワホンダのブログをご覧いただきありがとうございます。!(^^)!


CB750 
車検整備のご依頼です。
普段目の行き届かない場所も、細かく点検していきましょう! 006.gif

e0114857_8361070.jpg




まずは、バッテリーの点検から。
CB750(RC42)は、「開放型バッテリー」が搭載されています。
車と同じタイプですね。
最近のオートバイとは、発電・充電方式が異なるためにRC42最終型まで、このバッテリーを搭載していました。

開放型バッテリーは、こまめにバッテリー液の管理(液量・比重)が必要になります。
バッテリー液が入っていても・・・ 
比重系で測定すると、比重が足りていません! 008.gif
これでは、バッテリー上がりを起こしています可能性があります。
e0114857_8372562.jpg


充電器で充電して、比重を回復させてあげましょう。 006.gif
あっ! 液が足りないものはシッカリと蒸留水を補給してから測定ですよ!
e0114857_8374770.jpg

充電後の比重をチェック。
良好な範囲まで、復活しました。


バッテリー充電圧点検
車体に搭載して、単体の電圧点検。
充電したので、シッカリとした数値が出ています。
e0114857_8351248.jpg


エンジンをかけた際に車体側からの発生・充電能力はどうでしょうか?
ココがシッカリしていないと、走行中に充電不足に陥り、最悪はエンジンストップしてしまいます。008.gif

e0114857_8341142.jpg

過充電・充電不足もなく、良好です!

これでしばらくは、安心して乗っていただけますね。
しかし、バッテリーは消耗品です。
早め早めの交換で、トラブルを事前に回避していきましょう。

点検整備を進めていきます! 006.gif






ノザワホンダの車検整備・点検整備では、普段目の行き届かない箇所をシッカリと点検させていただきます。
愛車の状態を細かく把握していただき、安心・安全にライディングしていただくためにも点検を行っています。
お問合せ、ご依頼お待ちしています。
ご質問等ありましたら「お問い合わせフォーム」こちらからお願いします。



お気軽にご相談ください。

by nozawakojo | 2017-09-01 10:05 | メンテナンス
前後サスペンション
こんにちは。
M岡です。004.gif

いつも、ノザワホンダのブログをご覧いただきありがとうございます。!(^^)!
朝からシトシト降ってますね・・・
今年の夏は雨が多いな~
さぁ~今日も一日、元気に頑張っていきましょう!



CB400SF VtecⅢ

車検整備の続き。
前回の記事はこちら

前後サスペンションからのオイル漏れが酷く、
このまま乗るのにはあまりに危険な状態です。 007.gif
そして、この状態では車検にも合格しません。

リヤサスペンション
e0114857_8343384.jpg


オーリンズ ツインショック
S36P(HO142)へ交換です!  006.gif
e0114857_835143.jpg

純正リヤサスオーバーホールのご提案もさせていただきましたが、今回お客様はオーリンズをチョイスされました。
純正からの性能アップをお楽しみください。
ノザワホンダは、オーリンズ正規取扱代理店です。
こちらもお気軽にお問い合わせください。


フロントフォーク
e0114857_8351242.jpg

e0114857_835336.jpg

左右ともにフォークオイル漏れがあり、下まで垂れてきています。
ブレーキに付いたら危険です。 008.gif
フロントフォークオーバーホールしてシッカリと元に戻しましょう!
e0114857_8355759.jpg


インナーチューブには、大量の点サビが発生していますね。
ここまでになってしまうと、インナーチューブの交換をする必要があります。
e0114857_836933.jpg

e0114857_837479.jpg

新車の頃のような、ガッチリとした腰のある動きに戻りました!
見た目もピカピカですね。 006.gif

e0114857_838153.jpg


車検も無事に合格し、お引き渡しとなりました。
お待たせいたしました。
これからは、たくさん乗れると良いですね! 006.gif
ご依頼ありがとうございます。



ノザワホンダの車検整備・点検整備では、普段目の行き届かない箇所をシッカリと点検させていただきます。
愛車の状態を細かく把握していただき、安心・安全にライディングしていただくためにも点検を行っています。
お問合せ、ご依頼お待ちしています。

ご質問等ありましたら「お問い合わせフォーム」こちらからお願いします。




お気軽にご相談ください。

by nozawakojo | 2017-08-31 10:07 | メンテナンス
車検整備
こんにちは。
M岡です。004.gif

いつも、ノザワホンダのブログをご覧いただきありがとうございます。!(^^)!


アフリカツイン車検整備

先代アフリカツイン(RD07)の車検整備でご入庫いただきました。
Vツイン750cc の ”BIGオフローダー” です! 006.gif
「O 様」いつもありがとうございます。
e0114857_8442719.jpg



e0114857_8544341.jpg

2年ぶりの点検整備になりますので、シッカリと各部見ていきます。
e0114857_8444937.jpg

この2年で、走行距離はあまり伸びていませんでしたが、
ブレーキ廻りはそれなりに汚れが溜まっていますね。
丁寧に揉み出し洗浄し、
キャリパーピストンの動き(ピストンシール)を点検いたします。
ピストン・シールへ保湿をして、良好な動きを保たせます。
e0114857_845771.jpg



それほど乗っていなくても、劣化が進む箇所(ゴム関係)は多くあります。
その典型的な部品箇所が、
「チェーンスライダー」です。
今回は断裂して、チェーンと接触していました。
走行中チェーンに巻き込まれ足りすると大変です! 008.gif
大事に至る前で良かったです。 
e0114857_855552.jpg

e0114857_856867.jpg


ホイールベアリングダストシールの劣化も、シッカリと点検。
ホイールベアリングへ、湿気や雨水が浸入を防いでいる部品です。
ホイールカラーと接触するリップ部分に「ヒビ割れ」が発生しているとホイールベアリングの損傷につながります。
古いグリースを取り除き、新しいグリースを塗布して潤滑防水を高めます。
e0114857_8545689.jpg

ホイールカラーの段付きも点検。
常にダストシールと接触しているので、鉄の部品も摩耗するんです。 005.gif
ダストシールとカラーに隙間ができてしまっても、水分が浸入してしまいます! 
e0114857_855925.jpg

見落とされがちな部分ですが、見逃しません!


今年はたくさん乗れる機会があると良いですね。006.gif
 



ノザワホンダの車検整備・点検整備では、普段目の行き届かない箇所をシッカリと点検させていただきます。
愛車の状態を細かく把握していただき、安心・安全にライディングしていただくためにも細部まで点検を行っています。
お問合せ、ご依頼お待ちしています。


ご質問等ありましたら「お問い合わせフォーム」こちらからお願いします。

by nozawakojo | 2017-08-24 10:05 | メンテナンス
CB400SB 点検整備
こんにちは。
M岡です。004.gif

いつも、ノザワホンダのブログをご覧いただきありがとうございます。!(^^)!


CB400SB 定期点検整備
S 様 いつもありがとうございます。006.gif

通勤やツーリングでご使用されており、年間7000~8000km走行されています。
1年に1度の定期点検整備で、普段目の行き届かないトコロもチェックいたします!
e0114857_835982.jpg


エアークリーナー点検
随分と黒くなってきましたね。
埃をシッカリと除去して、役目をはたしています。
そろそろ交換時期ですね!
e0114857_8352624.jpg


プラグ交換
初回のプラグ交換です。
プラグは、始動性や燃費にも関係する部品です。
走行距離で管理・交換されることをお勧めいたします。
もう少し早いタイミングの交換がベストですよ。
e0114857_8354233.jpg


ピボット廻り
チェンジペダルやレバー根元のピボット部には、グリースが塗布されています。
年数が経つとグリースも硬くなったり、雨水で落ちてしまい、動きの妨げになってしまいます。
運転操作をするのに良く動かす部分なので、擦れて部品も消耗をします。
キレイに洗浄して、消耗をチェックし、再グリスアップで気持ちの良い動きに戻します!
e0114857_836276.jpg

e0114857_8361660.jpg



更に、定期点検ではイロイロな機材を使い車体の状態を把握します。
CO/HCテスト
排気ガス中のCO/HC濃度を測定して、燃焼状態を点検。
e0114857_837256.jpg

バッテリー充電圧テスト
エンジンからの発電状態を点検。
異常があると、走行中バッテリー上がりでエンジンストップの危険性も!
e0114857_8363522.jpg

バッテリー単体テスト
バッテリー単体の電圧テストと、負荷をかけて放電テストをいたします。
この放電テストがバッテリー診断には非常に重要です!
セルモーターを回す時などの最大負荷で、どれだけ踏ん張ってくれるか?をテストします。006.gif
e0114857_8415570.jpg


弱くなっています・・・
早めにバッテリー交換をしましょう!


出先でトラブルになる前に、バイクの健康診断(定期点検整備)で安心運転をおすすめいたします。






ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


インジェクションのセッティングにご興味のある方や、
パワーコマンダーを取り付けたがNoセッティングの方、自分でやってみたけど調子がイマイチでお悩みの方など、
まずはお気軽にお問い合わせください!


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
by nozawakojo | 2017-08-20 10:14 | メンテナンス
ステムベアリング
こんにちは。
M岡です。004.gif

いつも、ノザワホンダのブログをご覧いただきありがとうございます。!(^^)!
今日の関東は、猛暑になりそうですね~
熱中症には気を付けましょう!



車検整備・定期点検等で見落とされがちな
「ステアリングステムの状態」
快適なハンドリングの為に、シッカリとチェックしましょう!


こちらの車両、センターロックを起こしています。
ハンドルを切ろうとしても抵抗があり「カクカク」と動きます。 
車体の押し引きだけでも分かる程、重症です。 ( ゚Д゚)
走行すると、怖くて上手く走れません。 
危ないです~!!


e0114857_8304156.jpg

ステムベアリングの劣化・損傷による不具合ケースが多いのですが、
中には転倒などによる、ステアリングステム本体の損傷も考えられます。

ステムシャフトの曲がりやフレーム部の損傷等、点検します。
今回は異常なし、大丈夫でした!


e0114857_830599.jpg

ベアリングレース・ベアリングの交換
ステムシャフトを抜いて作業していきます~
専用のグリースをタップリと塗布して、しっかりトルク管理し締め付けます。
トルク値によっても、ハンドルの切れ感が変わります。 !(^^)!


e0114857_8301661.jpg

スパスパ切れるようになりました!!
押し引きはもちろん!
カーブの倒し込み動作もスムーズに行え、気持ちよーくライディング出来るようになりました!

安心・安全に走行できるようになりましたね!! (*^^)v



追記:
フロントフォークダストシールのヒビ割れが酷く、交換させていただきました。
次回は、フロントフォークオーバーホールで、更に快適なライディングを手に入れましょうね!
ご依頼お待ちしています。
e0114857_8321589.jpg






お気軽にお電話等でのお問合せお待ちしています。
ご質問等ありましたら「お問い合わせフォーム」こちらからお願いします。




ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


インジェクションのセッティングにご興味のある方や、
パワーコマンダーを取り付けたがNoセッティングの方、自分でやってみたけど調子がイマイチでお悩みの方など、
まずはお気軽にお問い合わせください!


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
by nozawakojo | 2017-08-09 09:50 | メンテナンス
点検整備 ブレーキメンテナンス
こんにちは。
M岡です。004.gif

いつも、ノザワホンダのブログをご覧いただきありがとうございます。!(^^)!
明日から始まる世界陸上、日本人選手に注目ですね!
しかし、時差が・・・


定期点検 ブレーキメンテナンス

ブレーキパッドが使用限度に達しています。
パッドが消耗していると、ブレーキレバーの握り代も多くなりダイレクトなブレーキ感が低下します。

オートバイを快適に運転するために、
「走る・曲がる・止まる」の3要素は重要です! (^^♪
e0114857_8153826.jpg


ブレーキキャリパーには、大量のブレーキダストが付着します。 ( ゚Д゚)
e0114857_8155352.jpg

キレイに洗浄して、ピストンの作動を確認。
レバーを握って、ピストンがスッと動くか?
*やりすぎると、ピストンポロンチョしますので注意!! !(^^)!


ピストンの動きが著しく悪い場合は、「ブレーキの引きずり」を起こしてしまいます。
ブレーキの引きずりは、制動力が著しく低下し危険です!
そんな時は、ブレーキキャリパーのオーバーホール・ピストンシール(ゴムシール)の交換をして本来の動きを取り戻しましょう。
熱の影響や経年劣化で傷んできますので、よく確認する必要があります。
e0114857_816959.jpg



ブレーキオイルも、2年毎の交換サイクルをお勧めしています。
e0114857_8164183.jpg

e0114857_8165668.jpg


250cc未満の車両は車検がありませんので、いまだ点検整備を軽視されがちです・・・
(シッカリメンテナンスされているオーナーさんもいらっしゃいます。)

排気量によって部品点数やパーツの大きさに違いはありますが、
消耗や劣化などは何ら変わりません!!
安心・快適にご使用いただくためのメンテナンスをお勧めいたします。

定期点検整備は、
国の資格を有する認証工場で受けて下さいね。
当然、ノザワホンダも認証工場です! !(^^)!




ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

インジェクションのセッティングにご興味のある方や、
パワーコマンダーを取り付けたがNoセッティングの方、自分でやってみたけど調子がイマイチでお悩みの方など、
まずはお気軽にお問い合わせください!
by nozawakojo | 2017-08-04 10:12 | メンテナンス
1年に1度の点検整備
こんにちは。
M岡です。004.gif

いつも、ノザワホンダのブログをご覧いただきありがとうございます。!(^^)!


FORZAsi 点検
(24か月点検)

1年に1度の定期点検整備。
走っていればパーツは消耗しますし、走っていなくても劣化は進みます。
トラブルの原因になってしまってはいけません。
安全・安心に乗り続けていただくために、シッカリとした点検整備を受けていただく事をおススメいたします。
オートバイの健康診断ですね!



ドライブベルト
250ccビッグスクーターで多いトラブルとして、
走行中の”ドライブベルト切れ”です。
突然”バンッ”という大きな音とともに、ストップしてしまいます。
定期点検を受けていれば、そんなトラブルも無くなります~ (^^)/

ベルトのコグ間に、「ヒビ」が出てきました。
距離も進んできましたので、このタイミングで交換をお勧めいたします。
e0114857_829936.jpg


クラッチの消耗も進んでいます。
特にクラッチの消耗具合は、乗り方やご使用される環境によって様々です。
使用限度ギリ手前ですが、1年先の定期点検までは持ちませんので、お客様と相談し、今回同時交換させていただきました。
e0114857_830251.jpg


スクーターの駆動系で見落とされがちな、
「ドリブン側」の点検もシッカリと行います。
自動変速機構がスムーズに行われるために、とても重要な部位です。
一度分解して、汚れているグリースを洗浄し、
ピン・ローラー・ローラー摺動部の減り etc チェックします!
e0114857_8302558.jpg

今回は、ピン・ローラーの交換とグリースアップで完了です。 
変速もスムーズになり、快適に乗っていただけます。 (^^♪
e0114857_830457.jpg


足回りのベアリング関係の劣化・ゴリ付きもシッカリと確認。
ホイールやスイングアームのベアリング「ガタ」は、走行中非常に危険な状態になります!
見逃しません! (^◇^)
e0114857_8311883.jpg



続きます。




ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

インジェクションのセッティングにご興味のある方や、
パワーコマンダーを取り付けたがNoセッティングの方、自分でやってみたけど調子がイマイチでお悩みの方など、
まずはお気軽にお問い合わせください!
by nozawakojo | 2017-08-03 10:05 | メンテナンス
車検/定期点検ラッシュ
こんにちは。
M岡です。004.gif


ノザワホンダのサービスピットは、
エンジンのフルオーバーホールからNSRのPGM作業、
インジェクションのセッティング・GROMのフルカスタム等
そして一般の点検/車検やサスオーバーホールと、忙しくさせていただいています。

お盆前に1台でも多くお返しできるよう、全力で頑張っています。



定期点検整備
安心して、快適に乗り続けるために、定期点検整備を受けて頂くようお勧めいたします。
外観から判断できない箇所も多くあり、知らない間に劣化は進んでいる事も多くあります。
1年に一度の、健康診断のようなものですね。 (^^♪

余談ですが、メーカー保証などは、点検整備を行っている事が重要です。




H様 :アフリカツイン車検
e0114857_8305664.jpg

F様 :CBR600RR 24か月点検
e0114857_8294397.jpg

e様 ;FORZAsi 24か月点検
e0114857_8434893.jpg

I様 :CB250 24か月点検
e0114857_8292786.jpg

O様 ;CBR250R 24か月点検
e0114857_829745.jpg

レバーのピボット部、グリース切れで動きが著しく悪くなっています。
操作性が悪くなり危険ですね。
キレイに清掃をしてグリスアップで、気持ち良いレバーのタッチを取り戻しましょう。
e0114857_8544169.jpg

e0114857_8551052.jpg


ブレーキ関係も、普段目の行き届かない箇所ですね、
かなり汚れが溜まっています。
ピストン揉み出しして、清掃・保湿を行い、ピストンの動きをリフレッシュいたします。
e0114857_8552532.jpg


ブレーキオイル交換。
交換していないと、ブレーキオイルが水分を含んでしまいます。
水分を多量に含んだブレーキオイルは危険です! ( ゚Д゚)
ブレーキオイルの推奨交換サイクルは2年毎です。 
e0114857_8554139.jpg




定期点検整備は、
国の資格を有する認証工場で受けて下さいね。
当然、ノザワホンダも認証工場です!




ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

インジェクションのセッティングにご興味のある方や、
パワーコマンダーを取り付けたがNoセッティングの方、自分でやってみたけど調子がイマイチでお悩みの方など、
まずはお気軽にお問い合わせください!
by nozawakojo | 2017-07-28 10:07 | メンテナンス
イリジウムプラグ
こんにちは。
M岡です。004.gif


ようやく梅雨明けしましたね!
セミの鳴き声もチラホラ聞こえてきました。
夏ですね~ (^o^)/
今日も一日頑張っていきましょう!



イリジウムプラグの交換
プラグの消耗は、異常燃焼・燃費の悪化・エンジン出力低下・過度なフリクションによるパーツ破損を招く恐れがあります。
また、不完全燃焼状態でのエンジン使用は、排気系センサ、触媒等の損傷にもつながります。



ホンダ車も多くの純正イリジウムプラグ搭載車があります。
メーカーの推奨交換サイクルは、メンテナンスノートによると「4万キロ」となっています。
しかし、グッドコンディションを維持したまま車両をお使いいただくには、4万キロは長すぎですね~ (ΦωΦ)

皆さん、どのようなタイミングで交換されていますか?

e0114857_828394.jpg


よくお客様(CBR系イリジウム車)に「10000km~15000km」での距離管理交換をお勧めしています。
プラグを外すことは、燃焼室の状態も把握できますしね! (^^♪


ここで問題なのが
中古車で購入された車両です!
前オーナーの、メンテナンス履歴等が残っていてプラグ交換が管理されていれば問題ないのですが、ほとんどが分からない場合が多いと思います。
更に厄介なことは、イリジウムプラグ搭載車はプラグへアクセスするのが非常に時間要すために、車検整備や点検整備時に、プラグ点検を「省略」「P」されてしまうことが多く、ずーっと交換されていない車両も目にします! ( ゚Д゚)

ノザワホンダの中古車は、全車プラグ交換をしてお渡ししていますよ。


他店で中古車をご購入時された方は、メンテナンス履歴をリセットする意味でも、思い切って交換をお勧めいたします。
e0114857_9504935.jpg

e0114857_9514750.jpg

e0114857_951317.jpg



定期点検整備時や車検整備、インジェクションセッティング時などは、絶好のタイミングですね~ (^o^)/
この機会に、是非点検整備等をご用命ください!



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

インジェクションのセッティングにご興味のある方や、
パワーコマンダーを取り付けたがNoセッティングの方、自分でやってみたけど調子がイマイチでお悩みの方など、
まずはお気軽にお問い合わせください!




e0114857_17564562.jpg

ご来店されるされるお客様は、お間違えの無いようお願い申し上げます。
by nozawakojo | 2017-07-20 10:13 | メンテナンス
レギュレートレクチにご用心!
こんにちは。
M岡です。004.gif


以前は、充電系のトラブルに「レギュレートレクチファイヤー」の熱によるパンク(故障)が良くありました。
現在は、放熱効果を高めるための対策として、フィン付きの部品へ変更になっています!
さらに放熱を高めるために、アルミのプレートを重ねる車種もありましたね。
HONDA純正品番:31600-MV4-010 ¥7,722



純正品以外に、「社外品」「互換品」と明記されソックリな商品も販売されています。
そして、装着されている車両を良く目にします!
e0114857_17515163.jpg

値段は安いのですが、反面意外とトラブルも多く充電不良に陥るケース等あります!
中古車などを購入したらば、チェックしておく必要がある箇所ですね。
e0114857_1752109.jpg

液漏れしているし・・・ (ΦωΦ)


左:純正品  右:社外品
e0114857_17522627.jpg

似ていますが、ボディーの厚みが違います。
純正品の方が、薄く作られていますね。
e0114857_1752407.jpg


安心の純正品には、「新電元」マークと「SH693-12」が記載されています。
e0114857_17525322.jpg

当店入庫車両で、社外品の装着率が非常に高い車種はNSR250Rです。
当店では、純正品への交換をお勧めしています! (^^♪




e0114857_17564562.jpg

ご来店されるされるお客様は、お間違えの無いようお願い申し上げます。
by nozawakojo | 2017-07-05 18:28 | メンテナンス