JA10 ボアアップ 続き
どーも、五十嵐です。




トラブルの発生していたJA10角目カブの続きです。
テンショナーのトラブルが発覚して遠回りをしましたが、本来の目的のボアアップ作業に入ります。

今回はエンデュランス製のボアアップです。

e0114857_20174210.jpg


ボアアップではヘッドをめくりますので燃焼室もチェックします。
カーボンが多い場合は清掃をお勧めします。

e0114857_2019480.jpg


クリーナーに付け込んできれいになった燃焼室。
ここからバルブシートが荒れていればシシートカットします。
大体45°面にはカーボンの噛み込んだ跡がありますのでシートカットはお勧めする事になりますが042.gif

e0114857_20221031.jpg



e0114857_2022253.jpg



摩耗していたテンショナーアームは交換。
ガイドローラーもかなりすり減っていたので交換します。
ボアアップしていなければそのままで走り続けていた事でしょう008.gif

大きな問題が起きる前に対処出来て良かった~

e0114857_2029045.jpg


組み込む前に一応、寸法の確認します。
確認だけです。
これは作業する側が安心するためですね001.gif

安心した所で、組み込んでいき、、、


e0114857_20335834.jpg



完成~001.gif
始動時の異音も無くなりました049.gif

イヤー今回は予期せぬ事態が起きていて遠回りしてしまいましたが、この段階で対処出来て良かった042.gif
カブにしては走行距離もそこまで進んでいなかったですが起こるときは起こるんですねぇ044.gif

カブは何か起きていてもそこそこ走ってしまうので。
そういう意味では丈夫?なのか?
でもそのまま走っていていいことはありませんので034.gif


あなたのカブも普通に走っていても何か起きているかも!!??
なにか起きる前に点検オススメします~001.gif

何も起きていなければ安心できますし006.gif


それでは~040.gif
by nozawakojo | 2017-02-15 20:47 | C110
<< NSR250 フロントフォークO/H AX-1 サイドスタンド >>