人気ブログランキング |
開放型バッテリー
こんにちは。
M岡です。004.gif

いつも、ノザワホンダのブログをご覧いただきありがとうございます。!(^^)!


CB400Four バッテリー

開放型バッテリー初期メンテ
現行車両では搭載している車両が無くなりましたが、一昔前はこのタイプのバッテリー多かったですね。
頻繁にバッテリーのメンテナンスしてあげないと、すぐにダメになってしまいました。


MFバッテリー・開放型バッテリーどちらも、新品時の初期メンテナンスは非常に重要です。
取付け後の寿命にも大きく影響します!
今回は、開放型バッテリー新品交換のご依頼を頂きました。

バッテリー液(希硫酸)を各セルの「アッパーレベル」まで満たします。
その時、内部の電極版と希硫酸が反応して気泡が出るので、1時間くらい放置して水面を落ち着かせます。
開放型バッテリー_e0114857_8335224.jpg

その後、バッテリー充電器で補充電します!
開放型バッテリー_e0114857_8341138.jpg


最後に、比重系で点検して「初期メンテンナンス」が完了です。006.gif
開放型バッテリー_e0114857_8382194.jpg



セルで一発始動!!006.gif
キックでようやくエンジンかけていた車両が、復活です。
開放型バッテリー_e0114857_8345312.jpg

開放型のバッテリーは、バッテリー液の点検をこまめにお願いいたします。
水面が下がっていたら、補充液を入れて充電してあげましょう!
ご依頼ありがとうございました。006.gif





ノザワホンダの車検整備・点検整備では、普段目の行き届かない箇所をシッカリと点検させていただきます。
愛車の状態を細かく把握していただき、安心・安全にライディングしていただくためにも点検を行っています。
お問合せ、ご依頼お待ちしています。
まずは、「お問い合わせフォーム」こちらからお願いします。

お気軽にご連絡ください。

by nozawakojo | 2017-10-20 10:01 | メンテナンス
<< オーバーヒート XR250 シートカット >>