クランクケース確認


こんにちは。増岡です。004.gif


いつも、ノザワホンダのブログをご覧いただきありがとうございます。106.png




NSR250R クランクケース確認!!

NSR250R 88のクランクケースですね。
クランクケースを点検する時には、たくさんの確認ポイントがあります。
e0114857_08574264.jpg
その一つ、
クランクケースジャーナル
ベアリングが収まる重要な場所です。
以前のクランクシャフトの状態によっては、減りがでてしまったりします。
e0114857_08551037.jpg
減りが大きいと、折角クランクシャフトをオーバーホールしても、振動が大きなエンジンになってしまいますし、シャフトの振れ・シール抜け・片排などに繋がってしまう要因となります。

こちらは、良品です!104.png
e0114857_08544634.jpg
クランクケースのアッパー・ロアーに打刻されている番号も確認。
当然ですが、上下一対の部品です!
e0114857_08554209.jpg

e0114857_08560773.jpg

クランクシャフトも良い状態です。
オーバーホールして、元気なエンジンにしていきます。125.png
e0114857_08581145.jpg





ノザワホンダの車検整備・点検整備では、
普段目の行き届かない箇所をシッカリと点検させていただきます。
愛車の状態を細かく把握していただき、
安心・安全にライディングしていただくためにも点検を行っています。

お問合せ、ご依頼お待ちしています。
まずは、「お問い合わせフォーム」こちらからお願いします。
お気軽にご連絡ください。





by nozawakojo | 2018-05-18 10:58 | NSR250
<< CB1300SB 12カ月点検 VFR800X ブレーキ整備 >>