メカニカルシールが!!

こんにちは。増岡です。004.gif


いつも、ノザワホンダのブログをご覧いただきありがとうございます。106.png




NSR250R
メカニカルシール損傷!!


エンジンからの駆動を利用して動かす冷却系のインペラ。
そして冷却系とエンジン内の空間が繋がらないように分断させる役目をするのが、
「ウォーターポンプメカニカルシール」です。

メカニカルシールにトラブルが発生すると、点検穴から冷却水が外部に排出され、トラブルを知らせる仕組みになっています!
e0114857_10481999.jpg
外部に冷却水が滴っているため、右カバーはビチャビチャです・・・ 007.gif
e0114857_08372826.jpg
乾式クラッチにも付着しております。008.gif
e0114857_10485600.jpg
e0114857_10520216.jpg



冷却系のトラブルは、エンジン損傷にも繋がってしまいます。
メカニカルシール他、部品交換と洗浄でシッカリと元に戻しましょう!
e0114857_10573967.jpg
e0114857_11012644.jpg

メカニカルシール・カースカバーオイルシール他を交換です。
e0114857_11043836.jpg

新品メカニカルシールをセットします!
ケースカバーへ組み込むのには、専用工具が必要です。001.gif
メカニカルシール・インペラ
e0114857_11055782.jpg
お客様からのご依頼で、ウォーターポンプシャフトは、DMR-JAPANさんの商品でご対応



ケースカバー装着完了。
あとはクラッチ廻りも、キレイに洗浄・部品交換すれば完成です!
e0114857_11062825.jpg

カウルの中に隠れているので、普段なかなか目にする所ではありませんがので、
定期的に点検・整備が必要ですね!006.gif





ノザワホンダの車検整備・点検整備では、
普段目の行き届かない箇所をシッカリと点検させていただきます。
愛車の状態を細かく把握していただき、
安心・安全にライディングしていただくためにも点検を行っています。

お問合せ、ご依頼お待ちしています。
まずは、「お問い合わせフォーム」こちらからお願いします。
お気軽にご連絡ください。


by nozawakojo | 2018-08-09 10:16 | メンテナンス
<< CBR1000RR(SC59)... CB150R 入荷!! >>