CBR600RR 吸気系開放



こんにちは。増岡です。004.gif


いつも、ノザワホンダのブログをご覧いただきありがとうございます。106.png




CBR600RR(2013)
フルパワー化 吸気系開放!!

国内仕様のCBR600RRは、海外モデルと比べて”吸気系”に幾つか制限をかけています。
2013年式CBR600RR 国内仕様をパワーアップの為の”吸気系開放”です。006.gif
**ノザワホンダパワーアッププランは、こちらをご参照ください。**


①吸気ダクト制限
ヘッドライトの間に吸気ダクトの入り口ありますが、国内仕様は片側に蓋がされており吸気量の制限をかけています。
この蓋を取っちゃいます~!! 001.gif
e0114857_10305538.jpg
ダクト蓋
年式によって蓋の数は異なります。
e0114857_10311170.jpg
入り口を開放することによって、エアーBOXに入ってくる空気が大幅に増大です~~005.gif
e0114857_10402299.jpg
②吸気ファンネル制限
上:国内仕様  下:海外モデル用

スロットルボディに取り付く、”吸気ファンネル”の口径が絞られている国内仕様に対して、海外モデルは大きくなっています。
e0114857_10313489.jpg
国内仕様ファンネル
口径が絞られているので、ファンネルの奥に見えるスロットルバタフライが小さく見えますね!
e0114857_10320268.jpg
海外仕様ファンネル
スロットルバタフライと同じ径になりました!!
e0114857_10331379.jpg
エアークリーナーも同時に交換させていただき、リフレッシュしましょ。
e0114857_10334351.jpg

これで、吸気系開放の完成です!
e0114857_10341866.jpg

**注意**

吸気系開放しただけではパワーアップはされません
むしろ、エンジンを壊してしまうカスタムに成りかねません。
増大した空気に対して、適切な「燃料バランス」に整えてこそパワーアップが完成します!
イコール、インジェクションセッティングが必ず必要です!!
このブログを見ていただいて、吸排気開放しただけでは間違いなく”燃調薄くて走らない”か”エンジン壊します”。
ご注意ください。

**
ノザワホンダパワーアッププランは、こちらをご参照ください。**




お次は”排気系開放”!
作業は続きます。049.gif



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

パワーアッププラン・インジェクションセッティングにご興味のある方、
まずはお気軽お問合せ下さい。
お電話・メールお待ちしています!

ご質問等ありましたら、
「お問い合わせフォーム」こちらからお願いします。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー






by nozawakojo | 2018-10-12 11:15 | シャーシダイナモ
<< CBR600RR 排気系開放 CBR600RR カムシャフト交換 >>