人気ブログランキング |
BMW S1000RR フライバイワイヤー‼

こんにちは。増岡です。004.gif


いつも、ノザワホンダのブログをご覧いただきありがとうございます。106.png




BMW 2016 S1000RR
 インジェクションセッティング
  フライバイワイヤーシステム ‼


BMW S1000RR (2016)
DYNOJET パワーコマンダー5を装着して、シャーシダイナモで、インジェクションセッティング&データー取りの開始です~001.gif

電子制御の塊のS1000RR‼
手元のスロットルグリップをいくら捻っても、コンピューターで最適なスロットル開度へ制御する機能(フライバイワイヤー)が搭載されています。

トラクションコントロール(DTC)&ABS(ホイールセンサー)と相まって、スリップしそうな時やフロントアップしそうな時を感知して、コンピューターが自動でスロットル開度(バタフライ)を戻して回避させる動きをしてくれます~005.gif
この時ライダーの手元グリップが動くわけでは無く、エンジン側で自動制御しています。
う~ん、ハイテク‼053.gif
ハイパワー化されている現代のオートバイで、誰しもが走行できるためには必要不可欠な素晴らしい機能ですね。


インジェクションセッティングを進める上では、この制御を把握する必要があります。049.gif
e0114857_10330095.jpg


スロットルバタフライ開度
スロットルグリップ全開(100%):SLICK モード・DTC-7

調整作業をする前に、エンジン側のスロットルバタフライの開き具合を確認。
グラフ下段が、バタフライ開度の推移です~
11000rpmを超えないと100%全開にはなっていない事が分かります‼005.gif
また、その下の回転数でも、いくら手元グリップを全開にしても、コンピューターがエンジン回転数によってバタフライ開度を制御しています。
これは、年式・走行モードによっても異なります‼

*6000rpmの時、手元全開でもバタフライ55%しか開いていません。
レースやサーキット走行では、もっと早くバタフライ全開になると良いのですが・・・
e0114857_10254776.jpg

バタフライ高開度セッティング
セッティング前

セッティング前の空燃比(グラフ下段)は、薄い・濃いの波が大きい状態。
パワー・トルクカーブ(グラフ上段)も、波打つように安定していません‼
e0114857_10485363.jpg
セッティング後
セッティング後は、空燃比をターゲットに寄せる事によって、パワー・トルクカーブも綺麗に整いました‼053.gif
エンジンの更け上がるスピードが、セッティング前よりも向上して乗り易くなり、ラップタイムにも反映してくれると思います。049.gif
e0114857_10490268.jpg

続いては、クローズドループ調整です。
続きます~040.gif




ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

インジェクションセッティングにご興味のある方、
まずはお気軽お問合せ下さい。
お電話・メールお待ちしています!

ご質問等ありましたら、
「お問い合わせフォーム」
こちらからお願いします

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー







by nozawakojo | 2019-01-10 12:17 | シャーシダイナモ
<< BMW S1000RR クロー... BMW S1000RR MAP... >>