人気ブログランキング | 話題のタグを見る
CBR600F4i エンジン不動修理 その2

こんにちは。増岡です。004.gif


いつも、ノザワホンダのブログをご覧いただきありがとうございます。106.png




CBR600F4i(PC35) エンジン不動修理 その2 ‼


CBR600F4i(PC35)エンジン不動修理の続き。

燃料ポンプが作動する様になってもエンジンがかかりません。
原因を探る為、もっと深くまで点検が必要ですね。
CBR600F4i エンジン不動修理 その2_e0114857_10211723.jpg
プラグ点検・交換
走行距離の割に、真っ黒になってます。
しかも、少し湿っている・・・
CBR600F4i エンジン不動修理 その2_e0114857_10213032.jpg
CBR600F4i エンジン不動修理 その2_e0114857_10213540.jpg
火花をチェックしてみると、弱い火(赤い火花)ですね~
でも、なんでこんなに黒いのか???042.gif
インジェクション車ですよ。
CBR600F4i エンジン不動修理 その2_e0114857_10235166.jpg
ついでに、圧縮圧力を測定してみると・・・
 低っ!!!
明らかに基準値より低く、しかも各気筒バラバラの数値です。
これじゃ~エンジンかかりませんね。007.gif
プラグの状態から推測するに、燃焼室内カーボン堆積でバルブにカーボン噛みしているのでしょうね‼
CBR600F4i エンジン不動修理 その2_e0114857_10220117.jpg
CBR600F4i エンジン不動修理 その2_e0114857_10312377.jpg
ちょっと強引な方法(燃焼室溶剤ぶち込み)で、エンジンがかかるくらいの圧縮まで戻します‼
エンジン始動後は、ドクターカーボンで燃焼室内の洗浄を。001.gif
CBR600F4i エンジン不動修理 その2_e0114857_10240111.jpg

これで、ようやくエンジン始動‼



しかし・・・
エンジンはかかる様になりましたが、アイドリングしているとグズグズし始めます?
こりゃ、まだ直ってないですね。005.gif


点検の結果。
原因は、燃料系の”プレッシャーレギュレーター”
インマニからの負圧で作動するのですが、負圧通路から何とガソリンが流れ出てくる!!!
と言う事は、そのガソリンは、負圧チューブによりエンジン内に吸い込まれる、結果余計な燃料が入るので濃くなっている‼
→燃焼室内にカーボン溜まる→最悪はプラグがかぶる。
CBR600F4i エンジン不動修理 その2_e0114857_10253415.jpg
CBR600F4i エンジン不動修理 その2_e0114857_10253370.jpg
ヒビヒビな負圧系のホースも全数交換。
微量な二次エアーを吸うと、吸気圧センサー読取り値が微妙に変化して、ECUは濃い目に燃料吐出指示出しちゃいますからね。
CBR600F4i エンジン不動修理 その2_e0114857_10260814.jpg
CBR600F4i エンジン不動修理 その2_e0114857_10253989.jpg
絶好調です‼049.gif



冷却系もそろそろ修理を必要としていました。
ご依頼お待ちしています。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


ノザワホンダの車検整備・点検整備では、
普段目の行き届かない箇所をシッカリと点検させていただきます。
愛車の状態を細かく把握していただき、
安心・安全にライディングしていただくためにも点検を行っています。

お問合せ、ご依頼お待ちしています。
まずは、「お問い合わせフォーム」
こちらからお願いします。
お気軽にご連絡ください。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー






by nozawakojo | 2021-06-23 11:30 | メンテナンス
<< クロスカブ(JA45) ボアア... CBR600F4i エンジン不... >>