人気ブログランキング |
2014年 06月 01日 ( 1 )
YZF-R1 パワーコマンダー+オートチューン
040.gif人気ブログランキング挑戦中!いつも応援クリック有難う御座います! 応援クリックにご協力お願いします!
 ↓↓↓↓ 是非!応援クリックよろしくお願いします ↓↓↓↓

人気ブログランキングへ
    



おはようございます!

M岡です!004.gif

連日30度越えで、体が付いていけてない今日この頃・・・
皆様は体調いかがでしょうか?

アイスの差し入れが、たまらなく幸せ。003.gif


2012 ヤマハ YZF-R1(US) 
パワーコマンダーⅤオートチューンを取り付けて、インジェクションチューニングのお仕事です。
e0114857_1233630.jpg


千葉県は”M 様” いつもありがとうございます。
**先日、所有されているWR250RにもパワーコマンダーⅤでチューニングさせていただきました**

e0114857_1294898.jpg

すごくカッコ良いカラーリングですね!
これが純正カラーとはビックリしました!!
USヨシムラのスリップオンとK&Nフィルターの仕様でチューニングです。

e0114857_134819.jpg

シート下の少ないスペースへ、何とか設置しました。
e0114857_1344314.jpg

オートチューンAT-200用のワイドバンドA/Fセンサーをマフラーへ加工・溶接して取り付けます。
オートチューンとは、専用のワイドバンドセンサーが常に空燃比を監視して、設定したターゲット空燃比に自動補正をする優れものです! 066.gif


さて、いよいよシャシーダイナモでインジェクションチューニングの開始です。049.gif
e0114857_74655.jpg


TP100%
e0114857_764315.jpg

赤:調整後147ps
全体的に濃いポイントが多く、減量調整です。

ここでポイント!
近年のR1は、スロットル・バイ・ワイヤー(電子制御スロットル)が装備されています。
これはドライバビリティー・燃費の向上に一役買っているシステムです。
たとえばアクセルグリップを一気にワイドオープンしても実際はECUの制御で遅れて全開になるとか・・・
とにかく急激なトルク・パワーの立ち上がりなどを抑えて乗り易くしています。
さらに、2009以降のR1(クロスプレーンエンジン)の場合は11000rpmを超えると100%(バタフライ全開)からリタードするシステムがECUに入っています。
これが、思ったより馬力が出ていないとされる要因です。
この領域のモアパワーを求めるためには、ECUを変更するしかありませんね!
**実際はもっと色々な開度・回転数で制御がされています**


TP20%
e0114857_7464318.png

20%より低開度領域では、全体的に薄め(燃費重視な空燃比)となっていました。
街乗りで良く使う領域なので、じっくり調整していきます。
ギクシャク感の改善(パーショルが扱いやすくなります)やアクセルに対する応答性(加速感)も良くなりました。

Aモードが今までよりも乗り易くなったのではないでしょうか?006.gif


完成です!
お待たせいたしました。
e0114857_823968.jpg





 ↓↓↓↓ 1クリックよろしくお願いします ↓↓↓↓

人気ブログランキングへ
    

ハーレーダビットソンの
インジェクションセッティング始めました
詳しくはノザワワークスのHPへ

by nozawakojo | 2014-06-01 09:20 | シャーシダイナモ