2018年 06月 12日 ( 1 )
GROM フルコン化

こんにちは。増岡です。004.gif


いつも、ノザワホンダのブログをご覧いただきありがとうございます。106.png




GROM フルコン化 !!


ノーマルから吸排気系のカスタムをすると、燃料/空気量バランスは崩れます!
マフラーやカムシャフト、スロットルボディー、ボアアップいろいろありますよね。
細かくは、上記どこか1つでもカスタムするとバランスは崩れてしまいます。
バランスを崩すと、エンジンにダメージを与えてしまったり、スロットル操作し辛くなり運転し難い状態になります。

でも、ご安心ください!!

バランスを整えるセッティングを行えば、エンジンへのダメージ減少、パワー・トルクアップ、さらには乗り易さ(操作性向上)が手に入ります!!

昔も今も、エンジン・吸排気系チューンはバイクメーカーの作ったバランスを崩すことに始まり、最終的に調整次第でパワー・操作感の出来が決まる事は変わりませんね。
今は調整の手段が大きく変わりました。
現在のインジェクション車両では一般的に、サブコンと呼ばれるユニットを介入させて、電気信号で燃料増減調整を行います。




しかし今回は、さらに上を行く・・・
GROM
「ボアアップ&フルコン制御」始動です!

メーカー純正の脳みそ”ECU”を丸ごと交換してしまう!
フルコンです!!
"aRacer ECU"車種専用のプラグインタイプのECUへ
e0114857_11023997.jpg

サブコンとの大きな違いは、丸ごと交換したECU内の多岐にわたるデータ・指示数値が見れる&調整可能なんです。150.png
吸入空気体積・燃料噴射・点火時期他 多くの補正機能 etc

ボアアップはもちろん、カムシャフトスロボをカスタムすると、エンジンに入ってくる吸入空気が大きく変化します!!
吸入空気体積(VM)の調整できると、変化に合わせた燃料や点火の調整が可能になり、純正ECU(ノーマル排気量固定)では対応できない、この大きな変化すらも緻密にコントロール・調整できてしまうんです。
ダイレクトなセッティングが可能になります!126.png


さらには、純正ECUと比べて処理速度が速く、ノーマル状態でフルコン化しても違いが出るとか!
仕事が速い!
うらやましいね・・・見習わなくては・・・113.png



e0114857_08364895.jpg
まずは、エンジンカスタムからスタートです!







by nozawakojo | 2018-06-12 14:47 | GROM