カテゴリ:CBR600RR( 31 )
CBR600RR PC37 腰下!
どーも、五十嵐です。

PC37の続きです。
メタルとミッション終わったのでケースを閉じます。

e0114857_08020409.jpeg

クランクシャフト収まりました〜101.png
これから頑張って回ってネ!

e0114857_08041992.jpeg

タフブラックのメーンシャフト入りました!
e0114857_08054439.jpeg
続いてカウンターシャフトです〜
黒いギヤ達がスルスル回ります110.png

e0114857_08075826.jpeg
ケースを締め付けるボルト達も準備完了。
合わせ面に液体ガスケットを塗ったら乾く前にドッキング!
スピード勝負146.png
e0114857_08131093.jpeg

マニュアル通りの順番と規定トルクで締め付けて。
ここの締め付けひとつでエンジンの回りが変わってくるので気を使って、丁寧に144.png

e0114857_08152295.jpeg

腰下完成です!
リフレッシュした腰下は気持ちいいですね104.png
ミッションもちゃんとスムーズにギヤチェンジ出来る事を確認!

次はヘッドのリフレッシュです!

by nozawakojo | 2018-09-12 07:57 | CBR600RR
PC37 メタル合わせ
どーも、五十嵐です。


エンジンO/Hのキモです。
メタル合わせ。

クランクシャフトとコンロッドの大端がプレーンベアリング。
オイルが入り込み摺動します。
その隙間の調整ですね110.png

e0114857_04090105.jpeg
まずは洗浄。
積年の汚れをゴシゴシします144.png
雨とか砂とかが熱でこびりついて外側は頑固。
e0114857_04232577.jpeg
中は綺麗ですがオイル通路は入念に洗います!
洗いが終わったら測定。

e0114857_04263859.jpeg

この測定は1/1000mmです。
ミクロンの世界です150.png

e0114857_04273304.jpeg

ケースも規定トルクで締め付けて測定!
奥のジャーナルは継足して測ります。
あまり時間をかけてしまうと手の熱でゲージが狂ってしまいます135.png
測定は素早く!!


クランクシャフトも測定して狙った隙間になるようにメタルを選択。

e0114857_04342513.jpeg

同じ厚さのメタルを注文しても規定の範囲ですが厚さはマチマチ。
1枚1枚測定して狙った隙間になるようにメタルを選択します。


e0114857_04500246.jpeg

選び終わったら組んで測定。
確認でプラスチゲージを潰す。

e0114857_04533571.jpeg
いい感じの隙間になるまでこの作業の繰り返し111.png
コレがメタル合わせです。

メタルは直に擦れてはいません。
設定した隙間に入り込んだオイルで浮いているんですよ!
直に擦れていたらすぐ摩耗してしまいます143.png
だから慎重にメタルを合わせるんです。

いいエンジンになる為の大事な作業のひとつです!
という事でメタル合わせ完了!

by nozawakojo | 2018-09-05 06:59 | CBR600RR
PC37エンジンO/H クランク洗浄
どーも、五十嵐です。


CBR600RRのクランクシャフトです。
e0114857_01070646.jpeg
エンジンO/H時にはやっておきたい事。
クランクシャフトの洗浄111.png
各ジャーナルは当然ですがオイルラインの洗浄です。

クランクシャフトにはオイルラインが通ってます。
その中をオイルが通り、メインとコンロッド大端を潤滑させています。

オイルの中にスラッジが含まれていると、クランクシャフトの1万何千回転という遠心力でオイルラインのメクラのとこに溜まります。
ホンダ横型エンジンの遠心フィルターの要領ですね109.png


e0114857_01203372.jpeg

ノズルを曲げてパーツクリーナーを吹き付けます!
e0114857_01241471.jpeg

メクラ裏に溜まっていた汚れが吹き出してきます106.png
黒い汚れが出なくなるまで洗浄!

e0114857_08470064.jpeg

こんなに汚れが溜まってました150.png
オイルフィルターを通ってきたオイルですがこんなにスラッジが含まれているいるのです149.png
コレが溢れ出してエンジン内を廻ってしまったら140.png
考えるだけで恐ろしいです122.png


という事で、O/H時にはやっておきたいクランクシャフトの洗浄でした111.png




by nozawakojo | 2018-08-24 01:04 | CBR600RR
CBR600RR PC37 エンジンO/H
どーも、五十嵐です。

だいぶ間が開いてしまいましたが、PC37の続きです。
エンジン部品の強化でタフブラック処理を施しました。
e0114857_02060801.jpeg


e0114857_08094222.jpeg

つや消しの黒に仕上がっていかにも強そうです104.png
強化した部品たちを組んで行きましょう!!

e0114857_02241358.jpeg
タフブラックには部品の硬度を上げるだけでなく、
摩擦も抑える効果があります!

e0114857_02272087.jpeg

まさにミッション向けの処理です。
e0114857_02395393.jpeg


ブッシュやクリップは新品に。
e0114857_02343482.jpeg
インテーク/エキゾーストのバルブもタフブラ114.png
e0114857_02195886.jpeg
ステム部の摩耗、フェースの段付き予防です。
エキゾーストバルブは頭側と傘側で素材が異なる為、黒の発色が違いますね147.png
e0114857_08031660.jpeg
カムシャフトも黒く。
下はノーマル、上がタフブラック。
艶があるのは磨きが入っているから。

今回、摺動部品にタフブラック処理で強化しました111.png
この部品たちでエンジンを組んで行きます。






by nozawakojo | 2018-08-11 01:58 | CBR600RR
CBR600RR 部品強化処理
どーも、五十嵐です。

PC37の続きです。


e0114857_08272936.jpg

この部品達をタフブラックで強化します。
鉄系でメッキされていないものであればかけられるそうです。

e0114857_08352474.jpg

バルブも出すのでカーボンをお掃除。

e0114857_08364915.jpg

16本あると結構時間かかります105.png

梱包して外注さんに発送。
完成が楽しみです111.png




by nozawakojo | 2018-03-24 08:21 | CBR600RR
PC37 エンジンオーバーホール
お知らせ
本日3月22日(木曜日)は研修の為、臨時休業させて頂きます。
ご迷惑をおかけ致しますが、よろしくお願い致します。



どーも、五十嵐です。



e0114857_08163226.jpg

CBR600のエンジンバラシたので点検・測定していきます。
e0114857_08190506.jpg

シリンダーは傷があったものの浅く、摩耗もなく大丈夫です。

e0114857_08294971.jpg

ピストンも異常な摩耗はありません。

e0114857_08311085.jpg
e0114857_08320692.jpg

バルブステム、フェースの摩耗もなし。
ガイドのガタも無いので、カーボンを掃除してシートカットします。

e0114857_08351462.jpg
e0114857_08355014.jpg

ギヤはダボの当たりは多少ありますが使えるでしょう。
摩耗は無く、他の部品と一緒に処理に出します。

e0114857_08401947.jpg

中の状態は良好でした🤗
この後、各部品を処理に出します。
今回はタフブラックで仕上げます😙

またアップします😊

by nozawakojo | 2018-03-22 08:14 | CBR600RR
CBR600RR エンジンO/H
どーも、五十嵐です。

600エンジンO/Hの続きです。

e0114857_04495576.jpg

エンジンが降りたので分解していきます。

e0114857_04510660.jpg
e0114857_04531161.jpg

タペクリに異常は起きていませんどした。
カム山、ジャーナルにも異常磨耗なし。

e0114857_04561201.jpg
ヘッドが降りてピストンが見えました。
600はシリンダーがケース一体の為、シリンダーだけにはなりません。
シリンダーに異常があればシリンダー交換=ケース交換になってしまいます122.png
こちらのエンジンはいかに??

e0114857_05005952.jpg
縦キズは見えますが深くは無さそうです110.png
行けると思いますが後ほど測定して判定します。

e0114857_05064155.jpg
そしてケースを割りました。
クランクとミッションがこんにちわ111.png

e0114857_05092356.jpg

メーンシャフトが奥に引っ込んでいます。
クランクとカウンターシャフトを近づけてエンジンをコンパクトにしているんですね🤔

e0114857_07072558.jpg
各メタルは深い傷、剥離などはなし。
e0114857_07100476.jpg

エンジンバラシ完了!
この後測定に入ります111.png



by nozawakojo | 2018-03-16 08:47 | CBR600RR
CBR600RR エンジンO/H
どーも、五十嵐です。

今回もエンジンO/Hです!
カブ110、リード125とやって来ましたが600もやっちゃいます!

e0114857_08263251.jpg
バラシ途中ですいません💧
PC37です!
フロントが倒立になった最初のモデルですね111.png
e0114857_08302092.jpg
O/Hするのにエンジン下ろさなきゃいけません。
配線、カプラーが大量です103.png
e0114857_08334922.jpg
こちらの車両、主にサーキットで使われていたとか。
その遍歴は由緒正しい?600なのです!
意味わかんないですが今後は街乗りとなる為、エンジンのリフレッシュです。

e0114857_08384246.jpg

スッキリしてきました102.png
フレームから下ろします〜

e0114857_08402546.jpg

着陸〜111.png
600はエンジン重い135.png

さあココからバラシに入りマース。
その様子はまた。

by nozawakojo | 2018-03-04 08:21 | CBR600RR
インジェクションセッティング
こんにちは。
M岡です。004.gif


インジェクションセッティング
シャシーダイナモのメンテナンスで暫く休止していましたが、この度再開となりました!
早速、お仕事をいただきました。 (^^♪



CBR600RR 逆車(ED)

マフラーを交換し、アフターファイヤーやドンつきが酷くなったと、ご相談いただきました。
しかも今回は、ゴージャス仕様。 (^^♪



パワーコマンダーⅤ(PCⅤ)& セカンダリーフューエルモジュール(SFM)で燃調を整えつつ、クイックシフター(DQS)を制御します!!

e0114857_10503011.jpg

e0114857_1052269.jpg



そして、オートチューン(AT200)のワイドバンドO2センサーで燃調を常に管理します!!
e0114857_10525872.jpg




そして、そして、そのデーターをデジタルディスプレイ(POD-300)に表示します。
e0114857_105695.jpg

e0114857_10535151.jpg


空燃比のズレも整いましたので、スロットルも開けやすくなりました。
これで、安心してガンガン走れますね!
ご依頼ありがとうございました。 m(__)m


国内モデルのパワーアッププランも承っています。
パワーアップップラン:http://www.nozawa-honda.co.jp/custom/custom_cbr.html
お気軽にお問合せ下さい。
by nozawakojo | 2017-06-03 11:13 | CBR600RR
CBR600RR ステムベアリング交換
こんにちは、山岡です027.gif

お預かりしているCBRのステムベアリング点検を行っています!
e0114857_174848.jpg
ステムの動きは、ハンドル操作に直結しますのでしっかりチェックしていきます。
ガタはありませんでしたが、動きにゴリつきがあるように感じます。
e0114857_175491.jpg

e0114857_1753951.jpg
実際に外してみると、経年によりグリスが固く&飛んでしまって、摺動する面はドライに近い状態です。

レース表面には、ベアリングの摩耗痕が見られました!
e0114857_1752320.jpg

e0114857_1754621.jpg
小さな痕でも、溝となりベアリングのボールが引っかかります。
酷くなるとハンドル操作がゴリゴリになり、「センターロック」というトラブルを引き起こします。

トラブルを未然に防ぐためにも、今回はベアリング&レース一式交換となりました。
e0114857_176417.jpg

e0114857_176582.jpg

e0114857_177571.jpg
組み付けの際には、ステムベアリング専用のグリスをたっぷり盛り付け、しっかり馴染ませます。
e0114857_1771257.jpg
動きがスムーズになり、ハンドル操作も気持ち良く感じられますね(^^)/

また書きます!
by nozawakojo | 2017-04-20 09:39 | CBR600RR