人気ブログランキング |
5 NSR250エンジンO/H編 
早山です!
今日は暑かったですね。058.gif

昨日の続きです。
部品の洗浄も終わりエンジン組み立ての下準備に取り掛かります。
e0114857_21404939.jpg 一番初めにクランクケースにベアリングを入れていきます。
クランクケースをなるべく傷めないように暖めてベアリングを入れます。なぜ一番初めにクランクケースにベアリングを入れるかと言うと冷えるのに時間が掛かるからです。
次にリードバルブをチェックします。

e0114857_2149244.jpg 写真だと解りにくいのですが樹脂の部分になにやら異物がめり込んでボコボコになっています。
ここがボコボコしているとせっかく吸い込んだ混合気が逆流してしまいます。027.gif
2サイクルでは必ずチェックする必要があります。



e0114857_2221768.jpg
丁寧に一つ一つ取って行きます。
あまりにも酷い場合は交換です。







e0114857_2274537.jpg ミッションを組上げていきます。
今回は距離そうの磨耗はありますが交換しないで大丈夫です。003.gif
NSRのミッションの部品はご相談パーツが増えてきたので注意が必要です。




e0114857_2216984.jpg
念入りに作動確認します。
組み間違えがあるとギヤーが変わりません!037.gif







e0114857_22245699.jpgいよいよクランクシャフトのチェックです!
新品なのに・・・・・・
芯だしします。
新品なのにフライホイール側で0.03もあります。しかも開いています・・・・・・。007.gif
サクサク芯だしです。
クランクシャフトはくたびれて来ると開いてきます。
それを予想して閉じの0.005にセットしました。

e0114857_22383395.jpg
フライホイール側は、ずれ易いのでクランクピンを溶接しときました。!
当然、今回はサービスですよ!!003.gif

明日はいよいよエンジンを組上げます。



ブログランキングトップ10を目指して頑張ります。応援クリックお願いします!!           

人気ブログランキングへ



# by nozawakojo | 2010-07-14 22:46 | NSR250
NSR250エンジンO/H編 4
早山です。

今日は分解したエンジンパーツを洗浄してチェックしていました。
実はこの作業が一番大変なんです。042.gif
e0114857_21433830.jpg 生産されてから15年位経っていますのでゴム類は要チェックです。
もしゴムが裂けている事に気が付かず乗ってしまったら焼きついてしまいます。042.gif

当然、交換です!




e0114857_21523023.jpg ピストン、シリンダー、シリンダーヘッドの点検です。
ここにもNSRのポイントがあります。 
シリンダーとシリンダーヘッドが正確に合っているかです。




e0114857_2205396.jpg シリンダーの横にLもしくはHと打刻してあると思います。
例えばシリンダーがLであればヘッドもLでなければいけないんです!!027.gif
合っていない場合エンジンの不調もしくは壊れてしまいます。

e0114857_2285564.jpg
今度はピストンです。
シリンダーがBシリンダーの場合、ピストンはマークなしになります。027.gif
しかし、このピストンはBマークがついています!!
間違えています。007.gif
圧縮が低かったのはこれが原因?

e0114857_22193333.jpg
RCバルブにもカーボンがいっぱい付いています。
これも丁寧にお掃除します。042.gif
RCバルブにカーボンが付きすぎてフラップの動きが悪くなるとPGMが壊れてしまう場合があります。
注意が必要です。(MC21)


e0114857_22264032.jpg
クラッチのインナーです。
プレートが当たる場所が凹んでさらにバリが立ってしまっています。
クラッチのキレと繋がりに影響しますのでしっかり処理をして組上げます。




e0114857_22323346.jpg
綺麗に洗浄します。
これがまた大変です!!
液体パッキンに気合が入っています。007.gif
なかなか落ちません。






e0114857_22372120.jpg
せっかくクランクケースを分割したのでチャンスです。
気になるバリを取っていきます。
小さな事ですが少しでもトラブルを起こす要素を無くしたいのです。
もしもこのバリが飛んでシリンダーまで行ってしまったら大変です。
バリを取ることによってスムーズな掃気が出来るようにもなります。
一石二鳥です。003.gif

明日も引き続きアップしていきます。

あっそうだ!!
ノザワホンダのレンタルバイク好評つき平日20%キ続行中!!
宜しくお願いします。


ブログランキングトップ10を目指して頑張ります。応援クリックお願いします!!           

人気ブログランキングへ



# by nozawakojo | 2010-07-13 22:52 | NSR250
NSR250エンジンO/H編 3
早山です。001.gif

早速、クランクケースを分割しました。
e0114857_21133886.jpg ひどく中身も汚れていますね。 005.gif

NSRのクランクケースはいろいろチェックしなければいけない所がいっぱいあります。
汚れてはいますけれどクランクベアリングの爪が当たる部分は大丈夫!
ベアリングを挟み込む部分も大丈夫です。
ただミッションベアリングが収まるクランクケース側が若干緩いです。
ここはしっかりと処理をして圧入します。066.gif

e0114857_21255873.jpg 原因はクランクシャフトです。
良く見ると全て錆だらけです。ベアリングもガタガタ!!
今までいろいろNSRに携わってきましたがこれはかなり酷いです。
クランクケースは再利用できると解ったので取り外した部品のチェックを始めます。

e0114857_22573447.jpg まずはミッションから点検します。
NSRはカセット式のミッションを採用していますので取り外しは簡単です。
ベアリングがホルダーに軽圧入していますので、ホルダーを傷めないようにヒートガンでゆっくり暖め熱膨張を利用しホルダーからミッションを抜きます。027.gif

e0114857_2331870.jpg
ギヤーを全て外しながらチェックします。










e0114857_23385568.jpg
ミッションのギヤーの穴とダボをチェックします。










e0114857_2341436.jpg
これはメインシャフトの6速のスプラインブッシュですが・・・・・・!
特に、この場所はスラッジが溜まります。005.gif
慎重にチェックしていき丁寧にお掃除します!




ブログランキングトップ10を目指して頑張ります。応援クリックお願いします!!           

人気ブログランキングへ



# by nozawakojo | 2010-07-13 00:43 | NSR250
NSR250エンジンO/H編 2
早山です。001.gif

昨日の続きです。
エンジンを下ろす準備をします。
まず車載状態で各パーツを外していきます。
e0114857_15232070.jpg 正直、古いオートバイですからパーツを取り外すにも気を使わなければいけません。
これはフライホイールです。!
ここにプーラーを取り付けるのですが本来切ってあるはずのネジ山が・・・・・・。005.gif
良く見るとゴミが詰まっていました。
このまま掃除せずにプーラーを掛けていたら、ねじ山を駄目にしていた所です。042.gif

e0114857_15453741.jpg 次はクラッチ側のパーツをチェックしながらサクサク分解していきます。
今回の目的はクランクシャフトが駄目になっていたのでクランクケースの状態を先に確認する必要があります。クラッチ関係のパーツやミッションは後で確認します。
そしてミッションを外して行きます。


e0114857_16201884.jpg
ここまで部品を外しておいたので簡単にエンジンを下ろせました。

次回は、いよいよクランクケースの分割をします。






e0114857_16374322.jpg
何やら、M岡さん宅にも嵐の予感が・・・・・・・! 001.gif









ブログランキングトップ10を目指して頑張ります。応援クリックお願いします!!           

人気ブログランキングへ



# by nozawakojo | 2010-07-12 16:42 | NSR250
NSR250(MC21)エンジンO/H編 1
e0114857_24848.jpg早山です。001.gif

NSR250(MC21)のエンジン不動修理です。
お客様からのご依頼でエンジンが焼きついてしまいエンジンを載せ替えたけれどエンジンが掛からないと言う事でした。
私は個人的に思い入れが深いバイクなんです。
88年式、89年式と乗り続け、2サイクル全盛期でしたから部品も普通に購入できました。
残念な事に今は2サイクルは生産されなくなってしまい、純正部品もいつ作らなくなってしまうのか心配です。
新車が生産されなくなって約15年位経ちますが、NSR250は世界が認めた一台なんです!
2サイクルエンジンが故にエンジンメンテナンスは必ず行う必要があります。
NSRは調子の良いときはキビキビ走るのですが、メンテナンスをしないとすぐに不機嫌になり調子が崩れてしまいます。002.gif
NSRの新車は存在しませんが、しっかりとオーバーホールすることによって新車に近い状態にする事ができます。001.gif
覚えていますか?そして思い出しませんか?
新車のNSR250!!

NSRの修理またはオーバーホールをご検討のお客様、お気軽にお問い合わせください。 (担当早山)

まずは故障診断から始めます。
基本どおり圧縮圧力を測定しました。
標準値は12kg/cm2なんですけど・・・・・・。
フロントバンク7.5kg/cm2 リヤバンク8.5kg/cm2
これは何かが起こっているはずです。

e0114857_054417.jpg
これは!
焼きついているのか?046.gif
すぐにマフラーを外しエキゾーストポートから目視です。




e0114857_10346.jpg
縦傷が軽く付いていますが直接の原因では無さそうですね042.gif
次にクランクシャフトのセンターシールの点検です!



NSRはセンターシール(クランクシャフトの真ん中でベアリングと一体化した特殊オイルシール)が弱いのです。
例えば焼きついた後にしっかりとクランクシャフトを洗浄しないと焼きついた時に出たピストンのアルミくずがセンターシールを傷つけてしまったりします。
NSRは2気筒ですのでセンターシールが駄目になると本来ピストンが下がっているときにピストンの内側で混合気を掃気ポートへ送るのですが(一次圧縮)その混合気がセンターシールを通り抜けてしまいお隣のお部屋へ行ってしまいます。そうなると上手く掃気する事が出来なくなりエンジン不調になります。027.gif

センターシールの点検をしてみたら案の定、駄目になっていました。
この時点でクランクシャフトの交換になりますが、他にもチェックしなければいけない所がありますのでどんどん分解していきます。

e0114857_2205582.jpg 何かがおかしいんです!
フロントバンクのヘッドなんですが、キズだらけになっています。
こんなになっているのにシリンダーは平気です?
恐らく、エンジンをオークション等で探したのだと思います。
でも平気です。
完璧に組上げます。066.gif


明日はクランクケースを分解します!

ブログランキングトップ10を目指して頑張ります。応援クリックお願いします!!           

人気ブログランキングへ



# by nozawakojo | 2010-07-12 02:42 | NSR250